事務所紹介

ご挨拶

吉川国際特許事務所は、1988年に所長弁理士、吉川俊雄によって、大阪・京橋に設立されました。

設立以来、国内有数の大手企業から中小・零細企業、主要大学、または個人のお客様まで、それぞれのお客様の
ニーズにあったきめ細かいサービスを提供して参りました。

所長の国際化に対する意識は事務所設立当初から強く、早くから国際色豊かなスタッフの育成に尽力して参りました。
世界中の特許事務所と広く強固なネットワークを形成し、国内はもちろんのこと、海外での知的財産権の取得もサポートさせて頂いております。

特許・実用新案・商標・意匠などの知的財産権の出願登録、権利化後の管理、及びその権利をお客様に最大限にご活用頂くためのあらゆる助言やサービスを提供させて頂いており、質の高さ、安心の価格に、多くのお客様よりご満足を頂いております。

技術分野に関しては、所長、吉川の専門分野である化学、及び弁理士、市川 寛奈の専門分野であるバイオテクノロジーを
中心に案件を取扱い、近年注目されるiPS細胞に関わるバイオ分野を強みとしております。

技術部の充実にも取り組み、化学、バイオはもちろんのこと、機械、電気、通信、医薬品、生物、半導体、物理、情報処理、建築、自動車、金属材料、食品など、あらゆる分野のエキスパートがお客様の案件を承ります。

また、国際部には欧州、アジア諸国のネイティブスタッフが多数在籍し、多言語での対応が可能なため、海外の
クライアントとの迅速かつスムーズなコミュニケーションを実現させ、高い評価を頂いております。

国内のお客様の海外出願、及び在外のクライアント様からの国内出願のニーズの増加に伴い、翻訳部の拡大にも尽力し、
技術者、翻訳者、チェッカーが三位一体となって行う質の高い翻訳を低価格でご提供できることも吉川国際特許事務所の
大きな強みとなっております。

近年に至りましては、これまで抱えてきた北米諸国との時差の問題を解決すべく、2012年にアメリカ・サンフランシスコに連絡事務所を設立致しました。また、2013年には所員数、管理案件数の増加に伴い、大阪事務所を移転し、現在は新事務所にて業務を行っております。

所長、吉川俊雄のグローバルでセキュアーな事務所を築くというかねてからの念願を尚一層発展させるべく、
所員一同日々業務に邁進しております。

質の高いサービスを低価格で

当事務所では、手数料をサービスごとに固定で設定しておりますので、ご満足頂けるサービスを安心の価格にて
ご利用頂けます。ご要望であれば、着手前に無料でお見積りさせて頂きます。

海外出願はお任せ下さい

海外出願はお任せ下さい

海外での知的財産権取得は、お客様の国際社会での企業競争を有利に導きます。
当事務所では、米国、欧州、アジア各国などにおける幅広いネットワークを駆使して、低価格にてお客様の海外出願を
サポートさせて頂きます。

また、特許・実用新案を海外にて出願なさる場合に必要となる翻訳料につきましても、技術・言語の両方に精通した専任の技術翻訳スタッフが、低価格にて正確な翻訳をご提供致します。

ロゴの沿革

フクロウのお話・・・

フクロウは、知恵、技術の神であるギリシャ神話の女神、アテナの従者とされ、
学問、学芸、知恵、賢者の象徴とされています。

フクロウは、暗闇の中でも目が聞く視力と、優れた聴覚をもつため、小さなものも
見逃さず、見通しが明るく、情報を聞き逃さない「森の賢者」または「森の番人」とも呼ばれています。

吉川国際特許事務所は、このようなシンボルになぞらえられるフクロウにちなみ、
お客様の知的財産を守る「知財の番人」となるべく、フクロウのモチーフを
ロゴマークに掲げ、日々業務に取り組んでおります。